2015年9月 3日 (木)

オリンピックシンボルについて(2

とうとう2020オリンピックシンボルが撤回されてしまった。
ちょっといたし方ないかな、と思う。
できはともかく、撤回されたシンボルは佐野氏が自身で考え作ったものと思う。(その他は真っ黒かな…)

この騒動に関しての懸念がいくつか…。
前の方(招致シンボル or 1964)がよかった、なのでそれでいいという考え。まぁいいんだろう。個人的な嗜好には立ち入らないが、全く現在過去の時間とコンセプトが違うので考え直した方がいいと思う。特に、招致シンボルでいい、という方。さらにこれを元にパラリンピック展開すればいいという考え…。それこそ安易な方法ではないのか?と思う。
トマトからシチューは作れても、シチューからトマトは作れない。
なぜか、日本全体として根拠なく前の方がよかったという意見に押されがちだ。
これ、出来なくなったんですね。契約上の問題?

今コンペの2、3位の案を公表しろ、というプレッシャーもある。
けどこれは公表すべきではないと思ってる。それは審査する側の放棄になると思う。選ばれるのは1ツでいい。仲間内でも公表すべきという人もいるが単なる興味本位。それは個人的には見てみたいと思う、それは否定しないが、公表すべきではないと思っている。どちらかと言えばコンペにあたってどういった制作依頼をかけたのか、その詳細こそ出すべきだと思う。
それと、シンボルを作り直すにしろ、オープンでの審査(一般投票)になってしまうことを危惧する。
(かつてプロ野球でそのシーズン全く活躍していない選手がオールスターに選ばれちゃった件などもあり、いわゆる荒らしだ)そもそも万人に受けるデザインなんてあり得ないと思っている。し、結果がいいとは限らない。想像するに「日本らしく」とか尤もらしいことをうたうフジヤマゲイシャ的なものが出るのは必至だと思う。(大多数がそれを支持したんなら、まぁその程度なんだろうね)
たとえが悪いが、親戚のやってる町工場の製品を海外で売るからチョロっとロゴでもつくってよ、的な感じ。そんなの出来ちゃうんだよ今や、誰でも。コンピュータとちょっとしたソフトウエアがあれば。
そういう事ではなくって、作る前のコンセプトを組織委員の方でしっかり組み立てる事だと思う。そのコンセプトは世間一般に公開すべきだと思う。

どっかで、勝手にシンボルコンペやろうぜ的になってたけど、どうしてそれに参加できる?だってコンセプトたててないじゃん!もう終止そうなんだよ。誰でも何でもだいたい作れるんだよ、それが多数でまわるから、結果的に何かに似ちゃう。それはしかたないことと思うけど、なぜ、どうしてそこに至ったかが重要なんだって。そこんところと形が合致して初めて完結する。

一般に(これも日本特有?)ものづくりニッポンとか看板好きな人多いですがもちろん、気の利いた動きや、緻密な設計や、きれいに映る電化製品などは作れるんでしょうが結果、iPhoneには至らなかったし、もちろんグークルみたいなものもおきなかった。
時代は1964年ではなく2015年なんですね。
こんな感じのもの作れ、っていわれれば作れちゃうんですよ、だいたい。けど、今まで見た事もなかったものを作り出してみて!と言われるととたんにダメになっちゃう。産業同様にオリンピックシンボルにおいても同じ事が課題となってきていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

オリンピックシンボルについて

たまには…すごく長くなりますが。

佐野氏の東京オリンピック(世の中ではエンブレムといっっていますが)シンボルマークについて。

東京オリンピック開催が決定して以来、そのシンボル、メインビジュアルは誰が担当するかは現役デザイナー誰しもが自分を含めドキドキするものです。そんな中、シンボルに関するコンペの発表があり、資格規定が明示されました。
その時点で自分はその規定に達しておらず、悔しい思いをしていたのですが、逆にこのオリンピックを自分ら?の世代で誰が引っ張って行くのか、またどう時代を反映したものか興味がありました。

そして、シンボルの発表〜今日の摸倣等々の報道がありました。

1.
まずベルギーの劇場との摸倣報道。これは完全に言いがかりです。これは佐野氏の言っていた、「考えかたの違い」これに尽きると思います。それは東京2020のプレゼンテーション画像でわかります。(たぶん)佐野氏のデザインはシンボルとして固定されたものではなく映像やパターン、かなりの媒体を意識した提案と思われます。そのつくり、考えは極端に言えば(ベルギー=)門構えの石碑と(佐野氏=)アニメーション映像ほどの違いかと思います。似てる似てないの問題外と思われます。

2.
世の人々はシンクロニシティということはご存知ないのでしょうか?
よりシンプルにしていけば似ていく格率は上がります。
今のように東洋西洋他、古典現代が錯綜する中でシンプルな要素のものが似ていない方がおかしい気もします。また、現在のネットを駆使すればこれが似ている、というサンププルを探す(暇な)ことはいっくらでも可能だと思います。

3.
(1年くらい前でしょうか)シンボルデザイン提案資格規定が発表されました。その規定はそれぞれ権威ある国際デザイン賞のタイトルの獲得者だったのです。ただ、その規定の国際デザイン賞が広告やプロモーションに大きく依存する方向でもあったと思います。大きなプロモーションで賞を獲得した方々ですからその才能はもちろんはありますが、シンボルに絞って言うなら一部でもあったわけです(ないこともある)。シンボルに特化するならそれに向けて意外性や特化性の発揮できる人はもっと別に沢山いる(自分を含め)と思っていました。

4.
(主に審査をした)日本のグラフィックデザイン(協会)の現状としてシンボル・ロゴデザインがどう扱われてきたか、というと個人的にはその評価に納得しがたい印象を持っていました。3.と似たような感じですが、よりプロモーション的と言うか、そのもの単体で力があるか疑問でした。これはある人が仰っていましたが、「王道から逃げている」からではないでしょうか?大きな案件も減っているせいかもしれませんが、小さなニッチなものが評価され、結果若い人も影響され追従し…が、現状かと思います。いわゆる大きく権威あるシンプルで力強いものが避けられてきた感があると思います。

5.
結果、ご存知のように佐野氏のデザインに決定したわけですが、諸問題につき特に撤回する必要はないと思います。(もちろん本人次第)ついで広告プロモーション(トートバッグ)に模倣のあったことは全くの黒です。自身でしっかり責任を取りましょう。けどこれは彼の会社の責任です。もちろん個人的に社会的な責任もあるでしょうが、それと個人で参加したオリンピックのコンペは別と冷静に考えるべきだと思います。

6.
最後に。競技場とともにもめた原因に審査する側が重要だと思います。デザインに関しては上記を意見としても、基本的に僕は認めます。
ただし、発表された時、このシンボルを見た時、正直ドキドキしなかった…。というのがこれまで述べてきた結果かもしれないと思いここに記しました。
一種批判ともとれますが、同業者として戒める意味を込め評するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

ひー・とー・ひ・つ…?

Img_0538
物件名:無題

場所:杉並・桃井
大人になるってのはいろんなところに意味を求めちゃうんですかね。自転車でパッと通過した時発見しました。「何か書いてある…」小学校のフェンスだったから、ん?「仲良くしよう」とか「(ベタに)ともだち」とか読みたくなっちゃいそうですが…たぶん意味ないでしょう…ね。
「エ!な〜んにもかんがえてな〜〜い!」と言われた感じ?いや、やっぱなんか意味あんのかな〜…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

1/47

直接関係ないんですが8/d47MUSEUMで開催中の「NIPPONの47人」に出品しています。出品していますっていうか、相乗りですが。出品者は大崎さん。彼と一緒にやった手帳とノートが展示されています。いずれも活版モノです。先日レセプションにもご招待して頂いて行ってきました。初ヒカリエ。
あそこはそういうギャラリーになっているらしい。各地にいろんなものがあるんだな〜と思いました。あ〜これここ(地方)でデザインしてるんだ!?とか、お!このビール(パッケージ)この前いただいたな〜なんてものまで。ちなみにそういったものの販売までして いました。
んで、我らの(も?)ポ・ノートが販売されています。(画像は展覧会のポスターです、あれ?僕のアイコンと似てる!パクられた!?)

00000060_00002150_00002118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

おたくの精神史

なんとなく80年代の頃の本を読んでて、ここに行き着いたんですが、ちょっと正直このタイトルの本読むのなんだかな〜と思ってたんですよ。岡田斗司夫さんとかだと楽しめるのに、と思っていたら、いえいえ。タイトルで損してる本ですね。決して「オタク」の本ではなく80年代文化史といっても良かったな〜。メディアとの関わりや、いろんな概念の解体など。なぜ今、こういったサブカルチャー文化が成立してきたかってことを、学者目線じゃなくって現場から語ってくれてます。後半はちょっと繰り返しが多かったけど。この続き(?)を読んでみようと思っています。

9784061497030_l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

まなぶ、展

3月20日から始まりました科学技術館「しくみとくふうとまなぶ展」(4月7日までですが)のグラフィック全般やってます。科学技術館って子どもの頃からなじみなんですが、ちょっと地味な感じ(シャレか)ですが、なかなか楽しいんですよ。そんな中の企画展です。

会場はデザインムジカさんと手作り、ほんとD.I.Y.で作られています。もちろん僕も。全体が段ボールの構成に6色の紙の鮮やかさがポイントです。
Tokubetsuten_leaflet

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

ん?

ん?道に発見。

Img_0500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ハラ・タヘイ・キチ

って読みそうになっちゃうハラタヘイキキチさんのセミナー「タイポグラフィの世界」に参加してきました。今期第1回目、今期はブックデザイナーを中心にということでした。母親と同じ年だった。
全体的にはちょっとフォーカスがずれた感じだったかな〜…。前半の作品解説はまずまずだったんだけど、途中で挟み込んでくる「ピンクフロイド」とかその時代感が突っ込みどころだったかなと思った。
後半の対談?は写植コード言い合ったり「いいですね〜」の連発でだからどうなんだよ!って感じだったし、ブックデザイン村での会話みたいでちょっとな〜…。
次回に期待。
H_image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

たてよこ


Tasu
物件名:最単語

場所:赤坂

「多ス受」ですって。昔の電報の慣用句でしょうか、いやあ、窓から外に向かって貼ってあります。何を訴えてるのやら。しかしこう見ると漢字とカタカナってよく似てますね〜って感心しちゃいます。
答えは2枚目にある通り。最近減りましたけどワープロもギチギチ、もしくは縦横等間隔で組まれた文章、あれ?どっちだってありましたでしょ。ん〜これに関して言えば縦罫の便せんに横書きしちゃった感じでしょうかね。「目ペ付」「的一中(って中学ありそう」ですぜ。
Tasu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

言いたいことがあるらしい

Img_0442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コージにやられた