« オリンピックシンボルについて | トップページ

2015年9月 3日 (木)

オリンピックシンボルについて(2

とうとう2020オリンピックシンボルが撤回されてしまった。
ちょっといたし方ないかな、と思う。
できはともかく、撤回されたシンボルは佐野氏が自身で考え作ったものと思う。(その他は真っ黒かな…)

この騒動に関しての懸念がいくつか…。
前の方(招致シンボル or 1964)がよかった、なのでそれでいいという考え。まぁいいんだろう。個人的な嗜好には立ち入らないが、全く現在過去の時間とコンセプトが違うので考え直した方がいいと思う。特に、招致シンボルでいい、という方。さらにこれを元にパラリンピック展開すればいいという考え…。それこそ安易な方法ではないのか?と思う。
トマトからシチューは作れても、シチューからトマトは作れない。
なぜか、日本全体として根拠なく前の方がよかったという意見に押されがちだ。
これ、出来なくなったんですね。契約上の問題?

今コンペの2、3位の案を公表しろ、というプレッシャーもある。
けどこれは公表すべきではないと思ってる。それは審査する側の放棄になると思う。選ばれるのは1ツでいい。仲間内でも公表すべきという人もいるが単なる興味本位。それは個人的には見てみたいと思う、それは否定しないが、公表すべきではないと思っている。どちらかと言えばコンペにあたってどういった制作依頼をかけたのか、その詳細こそ出すべきだと思う。
それと、シンボルを作り直すにしろ、オープンでの審査(一般投票)になってしまうことを危惧する。
(かつてプロ野球でそのシーズン全く活躍していない選手がオールスターに選ばれちゃった件などもあり、いわゆる荒らしだ)そもそも万人に受けるデザインなんてあり得ないと思っている。し、結果がいいとは限らない。想像するに「日本らしく」とか尤もらしいことをうたうフジヤマゲイシャ的なものが出るのは必至だと思う。(大多数がそれを支持したんなら、まぁその程度なんだろうね)
たとえが悪いが、親戚のやってる町工場の製品を海外で売るからチョロっとロゴでもつくってよ、的な感じ。そんなの出来ちゃうんだよ今や、誰でも。コンピュータとちょっとしたソフトウエアがあれば。
そういう事ではなくって、作る前のコンセプトを組織委員の方でしっかり組み立てる事だと思う。そのコンセプトは世間一般に公開すべきだと思う。

どっかで、勝手にシンボルコンペやろうぜ的になってたけど、どうしてそれに参加できる?だってコンセプトたててないじゃん!もう終止そうなんだよ。誰でも何でもだいたい作れるんだよ、それが多数でまわるから、結果的に何かに似ちゃう。それはしかたないことと思うけど、なぜ、どうしてそこに至ったかが重要なんだって。そこんところと形が合致して初めて完結する。

一般に(これも日本特有?)ものづくりニッポンとか看板好きな人多いですがもちろん、気の利いた動きや、緻密な設計や、きれいに映る電化製品などは作れるんでしょうが結果、iPhoneには至らなかったし、もちろんグークルみたいなものもおきなかった。
時代は1964年ではなく2015年なんですね。
こんな感じのもの作れ、っていわれれば作れちゃうんですよ、だいたい。けど、今まで見た事もなかったものを作り出してみて!と言われるととたんにダメになっちゃう。産業同様にオリンピックシンボルにおいても同じ事が課題となってきていると思います。

|

« オリンピックシンボルについて | トップページ

typo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572477/62209705

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックシンボルについて(2:

« オリンピックシンボルについて | トップページ